核家族世代にマッチした公園墓地が人気です

バナー

核家族世代にマッチした公園墓地が人気です

日本の高度成長時代を働いてきた人たちが、今ちょうど、80歳台を中心とした死後のあとの墓地を真剣に考える世代になっています。
高度成長期に、故郷から、東京をはじめとした首都圏に出てきて、会社勤めをはじめ、核家族化が急速に進みました。


勤務地の周辺に自宅を購入し、家族を作り、生活の拠点を故郷から移しました。

かつての、日本社会では、お墓は、先祖伝来のものとして、家族や親族が一緒に祭られてきましたが、核家族化の進展により、そのような慣習も薄れてきました。

高度成長期に勤労者であった人たちが、自分が死んだあとのことを考え、お墓を真剣に探すということも頷けるものがあります。

お墓の手当てがすんでいないまま、突然になくなり、遺族がお墓を急いで探すということも多く見受けられます。



そのような人たちに人気なのが、公園墓地です。



高齢者にとって、生活の糧は年金が中心となっており、その子供世代は、長引くデフレ経済のもとで給料が減り続け、経済的なゆとりもありません。また、各家庭では、昔ほど強いつながりはないものの信仰している宗派というものも持っています。



公園墓地は、一般的に、どの宗派でも問わずに購入することができます。

また、費用面でも、永代使用料、墓石、工事代、墓石への彫刻代などを含めても、100万円から200万円程度で購入することができ、年金生活を送っている高齢者や収入の少ない子供世帯でも比較的容易に購入することが可能となっています。


最近何かと話題の宮崎の葬儀がさらに話題になりそうです。

栃木の葬儀情報探しにぴったりの情報を提供いたします。

桑名の葬式の情報も多数ご用意しました。