コピー機の紙詰まりの直し方と対策

コピー機は、オフィスで良く使われますが、その分故障も多いです。

コピー機が紙詰まりを起こした場合は、まず無理やり用紙を引き抜こうとしないように注意します。焦って無理に扱うと、かえって状態が悪化する可能性があります。
紙がどこで詰まっているかを確認することが大切です。まず、給紙カセットの近くで詰まっていた場合は、中を覗くと用紙を見つけられます。

後はゆっくりと用紙を外に出します。

内部のローラーに絡まっていることが多く、用紙はくしゃくしゃになっています。


よって手前ではなく、水平方向に力を適度に加えると良いです。
次に、側面カバー付近での紙詰まりです。


すぐに用紙が見つかる場合と、ローラーに絡まりくしゃくしゃになった用紙の先がかすかに見える場合があります。いずれにしても、ローラーに対して水平に力を入れます。ポイントは1回で引き抜くのではなく、複数回用紙を掴み直しながら引き出します。もし用紙を取り出して、エラーが消えなければ破れやもう一枚詰まっていると考えられます。

詰まっていたところを見直して、確認できなければ保守サービスセンターに連絡します。

コピー機の紙詰まりを防ぐためには、原因を知ることが大切です。


紙詰まりは用紙が湿っていたり、給紙ローラーが摩耗や汚れで給紙できなかったりすることで引き起こされます。給紙カセットの隙間に乾燥剤やシリカゲルを入れると良いです。

梅雨など雨が多くて湿度の高い時期に有効です。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1267236352
http://www.3da.or.jp/
http://jeass.or.jp/

給湯器の交換情報について考えます。



愛知のビルトインコンロの情報を掲載しています。

ルンバのバッテリーの情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。